1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ChaosTCG&MTG ~今日のカードとかM2010サルベージとか~

土日はChaosのデッキを組む予定でしたが、うっかりパソゲーをやってしまい2日間をダメにしましたとさ。

さて、恋姫のカードが今日から公開ということで、今日のカードは↓

桃園の誓い

桃園の誓い
イベント
【使用】:自分の手札の"蜀"のカードを2枚控え室に置く
【Main】:自分の控え室の「桃香」1枚と「愛紗」1枚と「鈴々」1枚を手札に加える。


コスト&このカードを控え室に送ることで手札の枚数は変わらず。
アドバンテージを取れるわけでもなく、サルベージするカードも固定。
カード効果が満たされないと使えないのかな? だとすると3種類のカードが控え室にないと使えない感じ?

三国志の中では結構重要な場面ではありますが、カード効果はイマイチ。
ただ、妙に納得は出来るかもしれません。
回収できる3種類のカードがどのぐらい強いかは謎ですが、明らかに使いづらい。
逆を言えば、このカードが活用できるようなデッキを組めるなら必須になるのは言うまでもなく。
自分のデッキが蜀で、なお且つこの3種類を主軸に置いているならいいカードなのかもしれません。
ただ、このカードを使うならば他に入れるカードがあるんじゃないかなと思わなくもない。

ま、今後の蜀のカードに期待ということで。




さて、次はM2010のサルベージ情報。
結構気になるカードがあったので、以下に羅列。





Baneslayer Angel / (破滅殺害の天使) ③白白
クリーチャー ― 天使 神話レア
飛行、先制攻撃、絆魂、プロテクション(デーモンとドラゴン)
5/5

≪セラの天使≫涙目。そりゃアンコモンにもなるわ。
同じコストで警戒が無くなったかわりに、パワーとタフネスが+1、先制攻撃・吸魂・プロテクションとかなりやりたい放題。
プロテクションについてはあまり役に立つとは思えませんが、5マナ5/5飛行・先制攻撃・吸魂ってだけで驚異。≪賛美されし天使≫より強いかも。



Celestial Purge / 天界の粛清 ①白
インスタント アンコモン
黒か赤のパーマネント1つを対象とし、それを追放する。

色制限だけど、それに見合った力を持つ生物除去。
2マナでゲーム除外なら納得の強さ。



Elite Vanguard / (精鋭の先兵) 白
クリーチャー ― 人間・兵士 アンコモン
2/1

今の環境では≪サバンナ・ライオン≫がアンコモンになる時代のようです。
なにはともあれ、先手1ターン目に出てくるデメ無しパワー2は驚異。



Honor of the Pure / (純粋の名誉) ①白
エンチャント レア
あなたがコントロールする白のクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

明らかな≪十字軍≫の上位互換。範囲は自軍のみになり、コスト変わらず。
≪栄光の頌歌≫が無くなるってことですかね。



Solemn Offering / (厳粛な献身) ①白
ソーサリー コモン
アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。あなたは4点のライフを得る。

≪解呪≫がソーサリーになった代わりに、4ライフゲインがついた一品。エンチャント・アーティファクト除去の中ではトップクラスに強そう。



Essence Scatter / (エッセンスの種) ①青
インスタント コモン
クリーチャー呪文1つを対象とし、それを打ち消す。

10版にあった≪霊魂放逐/Remove Soul≫と全く同じ効果。
コモンですが、10版までに集めていた≪霊魂放逐/Remove Soul≫は無駄カードとなりそう。



Mind Control / (マインド・コントロール) ③青青
エンチャント ― オーラ アンコモン
エンチャント(クリーチャー)
あなたはエンチャントされているクリーチャーのコントロールを得る。

10版にあった≪説得/Persuasion≫と全く同じ効果。
上と同じく≪説得/Persuasion≫が全くの無駄カードに。



Disentomb / (発掘) 黒
ソーサリー コモン
墓地のクリーチャー・カード1つを対象とし、それをそのオーナーの手札に戻す。

9版にあった≪死者再生/Raise Dead≫の上位互換。
まあいいけどさ、どうせ≪死者再生/Raise Dead≫なんて構築じゃ使わないから。


Haunting Echoes / 消えないこだま ③黒黒
ソーサリー レア
対象のプレイヤー1人の墓地にある、基本地形以外のすべてのカードを追放する。そのプレイヤーのライブラリーの中から、この方法で追放されたカードと同じ名前のすべてのカードを選び、それらを追放する。その後、そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。

オデッセイが生み出した凶悪カード。
基本的に打たれたら終了なカードですが、昔は≪対抗呪文≫やら何やらのカウンターが強かったせいであまり使われず。
今回はどのくらい活躍するのか楽しみ。



Sign in Blood / (血の徴候) 黒黒
ソーサリー コモン
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを2枚を引いて、2点のライフを失う。

黒にありがちな1ライフ1ドローを地で行くカード。
ただし、対戦相手を対象に出来るため、最後の2ライフをルーズさせたりも出来ます。



Yawning Fissure / (大きな地割れ) ④赤
ソーサリー コモン
各対戦相手は、土地を生け贄に捧げる。

いまいちコモンというのが信じられないカード。
≪ハルマゲドン≫よりコストが1上がったとはいえ、その見返りが対戦相手のみ土地破壊って。
赤緑でクリーチャーを高速展開した後に、これを打たれたらきっと勝つ手段が無くなるはず。
いや、強すぎないこれ?



Elvish Archdruid / (エルフのドルイド僧) ①緑緑
クリーチャー ― エルフ・ドルイド レア
あなたがコントロールする他のエルフ・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
(T):あなたがコントロールするエルフ1体につき、あなたのマナ・プールに(緑)を加える。
2/2

新しい≪エルフのチャンピオン≫。
森渡りが無くなった代わりにマナ加速が可能。仮に2ターン目に≪ラノワールのエルフ≫経由で出たとすると、
3ターン目には6マナまで達することが可能に。



Great Sable Stag / (大きな黒雄鹿) ①緑緑
クリーチャー ― 大鹿
(大きな黒雄鹿)は打ち消されない。
プロテクション(青と黒)
3/3

≪訓練されたアーモドン≫の明らかな上位互換。
マナ一緒で打ち消されない能力とプロテクションがつきました。
なにはともあれ、青のバウンスと黒の除去に耐性があるのは非常に有効だと思います。



Darksteel Colossus / ダークスティールの巨像 ⑪
アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム 神話レア
トランプル
ダークスティールの巨像は破壊されない。
ダークスティールの巨像がいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれる場合、代わりにダークスティールの巨像を公開し、それをオーナーのライブラリーに加えて切り直す。
11/11

巨像シリーズ最強の1枚。
最近≪カメレオンの巨像≫とかいう巨像にあるまじき低コストで幅を利かせてる子がいますが、
そんな子が能力を1度起動したぐらいでは越えられない圧倒的な大きさ。
そして大きさを生かすトランプルを持つ上、破壊されずに墓地にも落ちない。
まあ墓地に落ちないのでリアニメイト出来ないのがタマにキズ。



Gargoyle Castle / (ガーゴイルの城壁)
土地 レア
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(5)、(T)、(ガーゴイルの城壁)を生け贄に捧げる:飛行を持つ無色の3/4のガーゴイル・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。

クリーチャー化する土地。
5マナと思い気もしますが、打ち消されない5マナ3/4飛行なら十分ではないかと思われ。
インスタントタイミングでクリーチャーになれるのもメリットの一つ。
副次的ではあるけど、無色なので≪物語の円≫やプロテクションなどによるダメージ軽減がされにくいのも案外いいんじゃないか。


まあこんなとこですかね。
これを機にMTGを始める人にとっては結構扱いやすいエキスパンションかも。
よほど古いプレイヤーでもない限り、カード資産による差がつきにくくなってるようです。
まあ、≪極楽鳥≫とかは仕方ないよね。

今のスタンダード環境は多色が当たり前の時代のようですが、個人的には単色環境の方が好きなので基本セットは重要。
一応各色の4枚必須カードは今のところこんな感じ。

■白
≪精鋭の先兵≫

1マナでパワー2の強さは体感すればわかります。
レアになっちゃうけど≪純粋の名誉≫が4枚あると、白ウィニーはかなり活躍できそう。


■青
≪取り消し≫

まあ仕方無いのかな。ついでに≪否認≫とかあるとパーミッション作るときに有用。


■黒
≪強迫≫

先手1ターン目に相手の手札を確認しつつ、カードを捨てられるのは明らかに強い。
コモンなので手に入れるのも比較的に楽。
ドロー加速は≪血の徴候≫で決まり。


■赤
≪稲妻≫

なにはなくともまず火力。明らかにオーバーパワーなこのカードを4枚集めることが赤単への第一歩でしょうか。
≪ボール・ライトニング≫とかも手に入れられると漢の赤単がさらに強力に。
≪物語の円≫? 出される前に勝てばいいんですよ。


■緑
≪ラノワールのエルフ≫

これからどんなカードが出ても、きっと彼の地位が落ちることはないでしょう。
序盤のマナ加速。終盤の壁。1/1なので殴ることも出来るナイスガイ。
≪極楽鳥≫とのマナ加速ペアは極悪です。



白だけアンコだけど、他のカードはコモンなのでそろえやすい。そして強い。
デッキの安定力を増してくれるいいカードばかりです。

さて、とりあえず≪稲妻≫だけ1枚しかないから揃えないとな。


じゃあ、今回はこの辺で。
また次回~。
スポンサーサイト

テーマ : Chaos -character operating system- - ジャンル : ゲーム

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。