1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ChaosTCG ~07/06&07/07今日のカードとか~

プログラムコーディングに入ると結構忙しかったりなんだり。
昨日分のカードと一緒に今日のカードを紹介しますかね。

まず07/06のカードは↓



"呉"大都督「冥琳」
攻撃力:5(+1)
耐久力:6(-)
【登場】:自分の表の"呉"のキャラを1体控え室に置く。
【永続】:自分の前衛の"呉"のキャラ全ては「相手選択」を得る。


攻撃・耐久共に期待できるレベルでもない。
なら永続効果はって感じですが、「相手選択」自体が無いよりあった方がいい程度の能力なのでこれも微妙。
できればもう少し耐久力が高くてもよかったかなってレベル。
使い方を考えれば強いでしょうが、まあ個人的には使わないかなぁ。



で、07/07のカードが↓



"蜀"の大徳「桃香」
攻撃力:6(-)
耐久力:6(+1)
【登場】:自分の表の"蜀"のキャラ1体を控え室に置く。
【永続】:このキャラ以外の自分の"蜀"のキャラ全ては攻撃力と耐久力が2上昇する。

効果範囲が下がって、コストが軽くなったこのみ。
≪高校生「柚原このみ」≫を見ればわかるように、自軍のキャラが全て+2/+2ってのは驚異の能力。
このみと違い自分を強化することは出来ませんが、自身に+修正が無くてもこのみより大きいのもうれしい。
効果が及ぶ範囲は"蜀"のキャラとなっていて自分のコントロールするキャラ全てではなくなりましたが、蜀単で組めば問題にはなりません。
登場コストも、表という規制が付きましたがどんなキャラでもいいので、2ターン目に場に出すことも結構容易ではないでしょうか。

総合的に≪高校生「柚原このみ」≫と同価値、もしくはそれ以上の効果があるかもしれません。さすが劉備。
孫堅・劉備と強いカードが続いたので曹操にも期待がもてそう。

とりあえず、なんかストパンよりは当たりが多そうなエキスパンションっぽいです。
これならBOXを買う理由もあるかも。

でもまあ、コミケのために買わないかもしれないんですがね。
どうせ武士道ブース行くだろうし。


じゃあ、今回はこの辺で。
また次回~。
スポンサーサイト

テーマ : Chaos -character operating system- - ジャンル : ゲーム

ChaosTCG ~07/03今日のカードとか~

プログラムの制作に入って、やっとこさ仕事のペースが上がり始めました。
この調子で7月中旬にはコーディングを終わらせよう。

さて、今日のカードは↓

方天画戟

方天画戟
攻撃力:(+5)
防御力:(-)
【セット】:自分の手札を2枚控え室に置く
【永続】;このカードが「恋」にセットされている場合、このキャラは耐久力が2上昇する。

手札2枚で攻撃力が+5。
この効果を強いと見るか弱いと見るかは人それぞれだと思いますが、私個人の意見は「強い」です。
≪フィンジアスの剣≫が手札1枚で+4だったことを考えれば、コストとして捨てる枚数が1枚増えただけで攻撃力+1、追加効果なのは結構なもんではないでしょうか。
「恋」にセットすれば+5/+2と凄まじい+修正。
≪ノアⅡ≫が捨てるカードの種類が決められていて+4/+4修正だったことを考えればコストが軽くなった上でこの効果というのは上等。さすがR。

出来れば「恋」につけたいですが、これだけ+修正が大きければただの貫通持ちに持たせてもかなり強いです。
≪李典≫レベル4に持たせるだけで攻撃力19ですからね。
どのデッキにも、って感じではなさそうですが攻撃主体のデッキにはいい補助カードになると思います。


じゃあ、今回はこの辺で。
また次回~。

テーマ : Chaos -character operating system- - ジャンル : ゲーム

ChaosTCG ~07/02今日のカードとか~

昨日今日と地元では祭りが開かれています。
というか「まつり」と打って変換すると真っ先に「末莉」と変換される私のPCはもう終わってるんじゃなかろうか。

さて今日のカードは↓



"蜀"魏延文長「焔耶」
攻撃力:8(+1)
防御力:8(+2)
【自動】:このキャラが登場した場合、自分は5ダメージを受ける。
【自動:パートナー】:ゲーム開始時、自分はカードを5枚デッキの上から控え室に置く。


8/8でありながら攻守ともにプラス修正を持つカード。
もっとも修正値を考慮しても12/16と攻撃力よりも守備の方が高いという不思議使用。
魏延と名乗るからには防御力をかなぐり捨てた攻撃一辺倒な方がらしいといえばらしいですが。
まあ、防御が16もあれば大抵のキャラクターはブロック出来ますね。

さて、デメリットについてはどうでしょうか。
パートナーデメリットは結構痛いかもしれません。
5枚の中にレベルカードがあったら泣くに泣けませんし、デッキのレベルカードが全て落ちるということだって確率的にはあり得ます。
MTGの時も≪Demonic Consultation≫を使用した際に墓地に送らなければならない6枚の中に宣言したカードが全て含まれていてライブラリアウトになってしまうというデモコンデスなんて言葉があったぐらいですから。
確率は低いかもしれませんが、そういった場合もあることを考えると、進んでパートナーとして使うカードではないかもしれません。

どちらかというとフレンドで活躍できる感じでしょうか。
5ダメージは結構大きいですが、その中にレベルカードがあれば被害をとどめることが出来ますし、盤面に影響がないっていうのも素晴らしい。
自軍のキャラを減らさずに出せる8/8はそれだけで優秀なカードの部類だと思います。

スタンダードなら≪マスターテリオン≫の方が強いでしょうが、恋姫単などでは貴重な戦力になり得るかもしれません。
悪くない。うん、全然悪くないよこのカード。

まあ弱点らしい弱点と言えば、キャラクター的に全く萌えないってことでしょうかね。
ゲーム中でも、戦闘で使った記憶一切ないもんなぁ。


じゃあ、今回はこの辺で。
また次回~。

テーマ : Chaos -character operating system- - ジャンル : ゲーム

ChaosTCG ~07/01今日のカードとか~

気がついたらもう7月ですよ。
ボーナスが出る月ですね、とっても嬉しいです。

さて、今日のカードは↓



"呉"若き王「蓮華」
攻撃力:6(+1)
防御力:5(-)
【登場】:自分の表の"呉"のキャラ1体を控え室に置く。
【永続】:自分の"呉"のキャラにダメージが与えられる場合、そのダメージを2減少する。


効果的には流石RRといった感じ。
戦闘ダメージだろうが何だろうが問答無用で2点軽減ってのは結構すごいんじゃないか。
単純に防御力が2上がるよりも、ダメージ軽減の方が強いのは周知の事実。
ドリグラ片方の単発が意味なくなるだけでも序盤の展開が全然変わってくるはずです。
パワー2以下のキャラクターではブロックする意味すら無くなる。

攻撃と防御のバランス的に嫁候補にはならないですが、フレンドとしては最上級のカード。
呉単で組むなら必須の1枚じゃないでしょうか。

前半は≪"呉"孫権仲謀「蓮華」≫でバトル以外のダメージを止め、中盤以降はこのカードって流れが理想かな。
盤面が整う前に出てしまうと、キャラ数が増えないのがデメリットといえばデメリット。
それでも能力の強さの方が上なんだから使わないわけがない。

ストパンのRRがいまいちパっとしなかっただけに嬉しい1枚。
これは嫌が応でも恋姫のブースターへの期待が高まりますね。


じゃあ、今回はこの辺で。
また次回~。

テーマ : Chaos -character operating system- - ジャンル : ゲーム

ChaosTCG ~06/30今日のカードとか~

クレカ請求4万とかね。
ボーナス入らなきゃやばいかもわからんね。

さて、今日のカードは↓



"魏"郭嘉俸孝「稟」
攻撃力:1(+3)
防御力:4(+2)
【Main】:スタンドからリバースする;自分の控え室の("魏"魏武の大号令)を1枚手札に加える。

郭嘉俸孝といえば、曹操に重用された名軍師として名高いわけです。
烏丸族の討伐の際などの話は結構有名ですね。
さて、というわけでカードもそんな郭嘉の才を余すことなく…

………うん、全然評価出来んぞこのカード。
≪"魏"魏武の大号令≫が強いカードならかなりのやり手。
≪"魏"魏武の大号令≫が弱いカードならいらん子。

まあなんと言うか、パートナーカードになった程とかもそうですが、軍師がひどく弱く設定してある気がします。
軍師で強いと思ったのは今のところ周瑜ぐらいですかね。もっとも周瑜は文武両方に長けた武将だったようですが。

三国志で軍師が果たした成果はかなりのものなんですが、あまりそのあたりをフューチャーしてないのが嘆かわしい。
まだ荀とか賈駆とか陳宮が出てきていないのでそのあたりに期待。


じゃあ、今回はこの辺で。
また次回~。

テーマ : Chaos -character operating system- - ジャンル : ゲーム

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。